<< Mr.Mike farewell party live (告知 9.12) | main | Mr. MIKE farewell party live >>

Agua de Beber (おいしい水)

0
    秋の気配が少しずつ濃くなってきているものの、まだ暑さが残る今日この頃、皆様お元気でいらっしゃいますか?
     
    Rosaです。
     
    今日からちょっとずつ、ボサノヴァの歌詞の内容を書いていこうかと思っています。
    ポルトガル語ができるわけでゃないので、自分できっちり訳しているわけではないのですがどんなことを歌っているのか当然知りたいし、みなさんにも知っていただけたらなぁと思いまして。
    第一弾は"Agua de Beber"
    「おいしい水」という日本語タイトルになっておりますが、そのまま訳すと「飲む水」。
    おいしいとは書いてないんですね。
    この「水」の意味は「愛」のことらしいです。
    愛情も生きていくのに必要なものといった意味でしょうか?
    60年代頃から始まり、爆発的に人気が出たボサノヴァですが、アメリカに渡ってしまったらもともとの内容とは違う歌詞にされてしまったようです
    Tom Jobimさんはそれがちょっと嫌で、後半は自分で英語詞も書いていたようです。
    英語版では
    「あなたの愛は雨 私の心は花
     あなたの愛がなければ死んでしまう
     私の人生はあなたの手の中
     このまま枯れてしまうのか それとも空に花咲かせるのか
     この花に水をちょうだい
     雨は遠くの砂漠にも海にも花にも降る
     降るなら私にも降らせて」
    というような歌詞になっています。
    もともとのポルトガル歌詞では
    「愛したかったのに
     怖くて心を閉ざしてしまっていた
     だけど、怖がっていては愛することはできない
     (おいしい)水 これは(おいしい)水
     良いことはしてこなかったけど
     謝ることを学んだから
     心の扉はすべて開け放たれている
     確かなことを知っているから夢から目覚めた
     愛のことではいつもさみしくなる
     私の心は悲しみでいっぱい」
    (日本語訳 by Rosa of Carillon de Vent)

    という内容なのだそうです。
    全然違いますね。
    ボサノヴァのポルトガル語詞は結構意味深なものが多いです。
    Carillon de Ventでは英語とポルトガル語の1番を歌っていますが、そのうちポルトガル語で3番までとかやれたらいいなと思います。
     
    JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

    追記:と、いうことで、allポル語versionやりました。
     

    コメント
    ドレミファソラシドをしっかり勉強しましょう
    • Cris
    • 2019/09/03 12:33 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM