A Felicidade

0

    ご無沙汰しております。

     

    寒かったり暑かったりと、この時期体調を崩しやすいですが、みなさまお元気でいらっしゃいますか?

    今年は3月にまたソレイユの丘でフラのHokule'aさんハイビスカスと一緒にライブをさせていただきます。

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    さて、久しぶりに歌詞の翻訳を載せてみようかと思います。

     

    選んだ曲は『A Felicidade』

    作詞:ヴィニシウス・ヂ・モライス

    作曲:アントニオ・カルロス・ジョビン

    1959年最初のリリースのようです。

    日本語訳:Rosa

    悲しみは終わらない 

    幸せは終わる


    幸せは風が運ぶ羽の様
    とても軽く飛んでも
    止まない風が必要な短い命

     

    貧しい人の幸せはカーニヴァルの大きな幻想のように思える
    王様あるいは海賊または庭師の幻想を作る夢の瞬間のために我々は一年中働く
    全ては(灰の)水曜日に終わる

     

    悲しみは終わらない 

    幸せは終わる


    幸せは花弁に落ちるしずくの様
    かすかに震えた後 穏やかに輝く
    そして愛の涙の一滴のように落ちる

     

    僕の幸せは恋人の瞳の中で夢見ている
    夜明けを探し求めて過ぎていくこの夜のように
    声を低くして話しておくれ
    彼女が愛のキスを捧げながら楽しく目覚めるように

     

    悲しみは終わらない 

    幸せは終わる…
     

     

    JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳


    Desafinado

    0
      こんばんは!
      寒い日が続いておりますが、みなさまお変わりありませんでしょうか?
      今日は散歩していたら、梅のつぼみが膨らんでいるのを見つけました。
      春は近づいてきているんですね。

      さて、今日は久しぶりに歌詞翻訳を。
      1959年アントニオ・カルロス・ジョビン作曲、ニュートン・メンドンサ作詞のDesafinadoです。
      Desafinado = out of tune = 音はずれ
      という意味です。
      英語版でも"Slightly Out of Tune"というタイトルで様々な人がカヴァーしていますね。
      なかなか音階が微妙で難しい曲です。
      音が外れちゃうのも仕方がない・・・と言い訳kyu
      とくに音楽をちゃんと勉強した人は、技術的なことに感覚が鋭くなってしまって、こういったことを言ってしまう傾向がありますね。
      最近、カウンセラーの心屋さんのブログでもそんな議論がありましたゆう★
      その裏にある、気持ちを汲み取るってことを忘れないようにしなくては。

      Desafinado 
      日本語訳:Rosa Y. of Carillon de Vent

      愛する人
      君に「調子はずれ」って言われると
      僕はとっても傷ついてるって知っている?
      君の耳は特別に神様が与えたもの
      僕のは普通の耳

      君が僕のやっていることが音楽的じゃないって仕分けるんだったら
      僕はこれがボサノヴァでとっても自然なんだって言い張らないと

      君は知らないし わかろうともしない
      調子はずれにも心があることを
      僕のカメラで君の写真を撮ったら
      ものすごい恩知らずが写ってたよ

      僕の愛をそんな風に言わないで
      この愛はあなたが見つけることができるなかで一番大きいのさ
      君は音楽ことばかりで大事なことを忘れていたね
      調子はずれの心の奥でも静かにときめいている
      調子はずれの胸にも鼓動があるってことを

      日本語歌詞つけてみましたけど、いかがでしょうか?

      JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

      Dindi

      0

        毎日寒いですね。
        今朝は都内でも雪がちらついたとか。

        今日は寒い夜も心があたたまる、静かなメロディーに情熱的な愛の詩が魅力的な歌、"Dindi"をご紹介したいと思います。

        「Dindi」というのはブラジルの歌手、シルヴィア・テリスの愛称だそうで、作詞家でプロデューサーののAloysioさん(夫)が彼女のために書いた詩らしいです。

        彼女はこの曲をレコーディングした後に自動車事故で32歳という若さでなくなったそうです。
        英語詞はRay Gillbertによってつけられ(ほとんど原詩と同じ)、アメリカでも大ヒットしたそうです。

         

        『Dindi』
        作曲:Antonio Carlos Jobim、作詞:Aloysio de Oliveira


        空 とても広い空
        光を通して遠く浮かぶ雲は
        どこへ行くのだろう
        私にはわからない


        風が木々の葉で語るのは
        誰の物語でもないけど
        それはあなたと私の物語でもあるんだ


        おおジンジ、あなたが欲しい
        このことをあなたが知っていたなら
        世界が、全てのことがどんなに素晴らしくなることだろう


        おおジンジ、いつかあなたが行ってしまうことがあるとしたら
        私も連れて行ってほしい
        ここにいて みてほしい


        この川の流れはどこへ行くのだろう
        私にはわからない
        この私の人生 待っていた ずっと待っていた


        ジンジ あなたはこの世で一番美しいもの
        他にはいない
        あなたにあこがれるままにさせておくれ
        日本語訳:Rosa of Carillon de Vent

         

        英語版+ポル語半分
        "Dindi" played by Carillon de Vent @Kin no Tsubo

        JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

        Samba de Uma Nota So (One Note Samba)

        0
          ご無沙汰してます。
          寒くなりましたね。この時期外でのライブをやられている方は尊敬しますね。
          風邪などひかないように気を付けてくださいませ。

          さて、先日のくじらのおなかアフタヌーンコンサートでは、初めてメドレーに挑戦してみたわけですが、

          いかがでしょうか?
          "Night and Day"のVerse部分をご存知の方はお分かりでしょうが、One Note(一つの音)で始まるんですよね。
          なかなか面白い試みだったかと思います。

          今日は"Night And Day"じゃなくて、ジョビンさんの名曲、"One Note Samba"について書いてみたいと思います。
          ポルトガル語の原題は"Samba de Uma Nota Só"、作曲Antonio Carlos Jobim、作詞Newton Mendonçaで1958年に作られたようです。英語詞もジョビンさんが書いているので、ほとんど原詞と意味は一緒です。
          アメリカでは1963年にアルバム"Jazz Samba"がビルボードでも1位をとり、グラミー賞受賞して有名になったようです。

          今日は原詞をもとに訳してみましたが、よく読んでみるとなんだか浮気の言い訳みたいな(笑)

          Samba de Uma Nota Só (One Note Samba) 
          日本語訳 by Rosa of Carillon de Vent

          一つの音で作られているこのサンバ
          他の音も入ってくるけど根音は一つだけ
          これは僕が今言ったこととは別の結果なんだ
          僕は君と離れられない事になっているんだから

          その辺にいる人たちの話していることは意味がないよ 全く意味ない
          僕は全部の音階に接してしてきたけど、結局は何も残らなかった

          だから自分の音に戻ったんだ
          君のもとに戻るように
          僕は君を好きだから一つの音で言うよ
          レミファソラシド全部の音が欲しい人は
          一つの音にはとどまらない

          JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

          Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars)

          0
            秋の気配がしてきました。

            今日はこれからの季節にピッタリな曲、"Corcovado"の楽曲解説をしたいと思います。
            コルコヴァードといえば、ブラジル、リオデジャネイロにあります丘の事。
            頂上には高さ30メートルの両手を広げたキリスト像があり、海岸線や巨大な岩山が見えるところで、リオといえばこれという感じ。
            一度生で拝見したいところです。

            "Corcovado"はアントニオ・カルロス・ジョビンの1962年の作品。
            英語詞も原詞とだいたい同じ感じで作られています。

            秋の夜長、大事な人と過ごす時のBGMにピッタリですね

            Corcovado (Quiet Nights And Quiet Stars)
            日本語訳 Rosa of Carillon de Vent

            部屋の隅 一本のギター 
            この愛 一曲の歌
            愛する人を幸せにするために
            思いにふける静けさ 夢をみる時間
            窓には コルコヴァードの丘 美しいキリスト像が見える

            この人生 いつもこんな風でありたい
            あなたがそばにいて
            古い炎を消すまで

            悲しくて この世の中が信じられなかった私
            あなたに会って幸せがどんなものかわかった
            私の愛する人
             
            Corcovado (Quiet Nights And Quiet Stars) - by Carillon de Vent
            ソレイユの丘で初披露。

            JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

            Smile

            0
              JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳
               
              こんにちは。

              暖かくなってきましたね。
              早いもので5月も下旬になり、梅雨入りも間もなく…でしょうか。
              体調崩さないように気を付けてくださいね。

              今日は、先日の横須賀西海岸音楽祭で演奏しました"Smile"の歌詞を訳してみました。
              音楽祭のテーマが「音楽の力で、横須賀から日本を元気に!」でしたので、元気になる曲をと考えたのですが、レストランステージでしたので、静かながらもメッセージのある曲ということで"Smile"初披露。
              喜劇王チャールズ・チャップリンが作曲し、映画「モダン・タイムズ」で使われた曲に後から歌詞がつけられ、ナット・キング・コールやマイケル・ジャクソンも歌っていました♪

              みなさんもちょっと凹んだ時は、笑ってみましょう
              あなたが笑えば世界は輝くんです

              Smile (日本語訳:Rosa of Carillon de Vent)

              微笑んでごらん 胸が痛くても
              微笑んでごらん 心折れてしまっても
              空に雲がある時でも なんとかやっていけるよ
              恐れや悲しみの最中でも 微笑んだなら
              微笑んでみて そしたらたぶん明日は
              太陽が君に向かって輝いているのがわかるよ

              喜びでその顔を輝かせて
              悲しみの跡は全部隠して
              涙がすぐそこにやって来たとしても
              そのときこそ やり続けるときなんだ
              微笑んで 
              泣いてなんになる?
              人生まだ捨てたものじゃなっいてわかるから
              ただ微笑めば…

              at Restaurant Stage in Le Soleil, Yokosuka West Coast Music Festival

              Wave (Vou Te Contar)

              0
                JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳
                 
                こんにちは。
                河津桜も見ごろを迎えたそうで、そろそろ春ですね。

                今日は、Tom Jobimさんの名曲から"Wave (Vou Te Contar)"の歌詞をご紹介したいと思います。
                この曲は1967年にインストゥルメンタルで録音されたものが、1970年にフランク・シナトラのアルバムに歌詞付きで入ったようです。
                とってもさわやかなサウンドですね。

                Wave (Vou Te Contar) 日本語訳 - Rosa of Carillon de Vent

                 あなたに伝えましょう
                 心だけがわかる事は
                 目では見ることはできない
                 大事なのは愛
                 一人では幸せになれない
                 
                 残りは海
                 私が知っていること、言えることはそれがすべて
                 あなたにあげたい美しいものがある
                 風がそっと私のところに来て伝える
                 一人では幸せになれないと
                 
                 最初は街で
                 二度目は波止場でそれが永遠に
                 
                 今私にはわかる
                 波は海に起こるもの
                 私たちが数え忘れてた星たちがこういう
                 夜が私たちを包み込む間に
                 愛は突然に現れる

                昨年のソレイユの丘水上ステージでの演奏です♪

                Wave (Vou Te Contar) by Carillon de Vent

                今月24日にもまたこちらで歌わせていただきます。
                http://hayabossa.jugem.jp/?eid=64
                なんと、今回はハワイアンフラ、Hokule'a(ホクレア)の皆様とコラボ!

                3/24日(日)ボサノヴァバンド Carillon de Vent with Hawaiian Hula
                横須賀 長井海の手公園ソレイユの丘 http://www.yokosuka-soleil.jp/
                水上ステージまたはレストラン内ステージ
                1st 11:30-12:15 
                2nd 14:00-14:45

                交通のご案内http://soleiljapan.jimdo.com/交通のご案内/

                ボサノヴァの名曲とハワイアンの名曲withフラダンスをお楽しみください

                入場無料(駐車場 1,000円/Day)ですので、ドライブがてら、園内を楽しんでくださいませ。

                お会いできることを楽しみにしております 

                Garota de Ipanema(イパネマの娘)

                0
                  JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

                   こんにちは!

                  お久しぶりです、Rosaです。
                  「泣くな、はらちゃん」ご覧いただき、ありがとうございます。
                  いよいよ後半戦!どうなるのでしょう?
                  楽しみですね。

                  さて、そろそろ撮影も終了しますので、Carillon de Ventの活動に気合いを入れようと思います。
                  今日はボサノヴァの創始者のひとり、『アントニオ・カルロス・ジョビン』の映画を観てまいりました。
                  Tom Jobimさんの名曲の数々を世界中の有名アーティストが演奏、歌い綴っておりました。

                  今日は、そのジョビンさんの世界的大ヒット曲、ボサノヴァといえばこの曲「イパネマの娘」をご紹介したいと思います。

                  1962年 ジョビン作曲、ヴィニシウチ・ヂ・モライス作詞

                  イパネマはブラジル、リオ・デジャネイロの海岸の名前。 
                  ジョビンさん達はこの近くのBarによく行っていたようです。
                  そこへ近所に住む背の高い、美しい女性、当時19歳のエロイーザが母親の煙草を買いによく来ていたらしく、そこからこの曲ができたようです。
                  実際は海岸ではなくてBarに向かって歩いていたんですね。
                  そのBarは今でもイパネマにあるようです。


                  Garota de Ipanema(イパネマの娘)- 日本語訳 by Rosa of Carillon de Vent


                  みてごらん
                  惠に満ち溢れて
                  甘美に揺れながら海辺を通り過ぎてゆくあの娘

                  イパネマの太陽で黄金色の身体
                  そのバランスは詩よりも美しい
                  今までで一番美しい

                  ああ、なぜ僕はひとりなんだ?
                  ああ、なぜすべてが悲しい?
                  ああ、その存在の美しさよ
                  私だけのものではない美しさ
                  彼女もまた一人で通り過ぎてゆく

                  ああ、あの娘は知っているのだろうか?
                  あの娘が通り過ぎる時
                  世界中が笑顔と恵で満たされ
                  その愛のために もっと美しくなることを

                  英語詞はノーマン・キンベルさんが書いたようです。
                  Carillon de Ventでは歌詞を"The Boy From Ipanema"にして歌っています。


                  昨年の横須賀YTYでの初演奏♪
                  ちょっと恥ずかしい^_^;

                  Tristeza 悲しみよ さようなら

                  0
                    早いもので、2012年もあと5日!
                    今日は、今年もいろいろありましたけど、悲しみにはさようならして、新たな年を新たな気持ちで向けましょうということで、この曲、Tristezaの楽曲解説をしたいと思います。

                    この曲の出所とかは調べてみたけどちょっと不明。
                    ボサノヴァというよりサンバですね。
                    明るいリズムと旋律とは裏腹に、歌詞は悲しみ(Tristeza)に去っておくれと歌っています。
                    びっくりなことに、英語版(Goodbye Sadness)の歌詞は全く逆で、あなたが来た日から悲しみは去ったみたいな歌詞になってました。

                    Tristeza 日本語訳 by Rosa of Carillon de Vent
                     悲しみよ どうか消え去っておくれ
                     私の心は私の終わりを見て泣いている
                     私の心に住み着いた悲しみは
                     あまりにも多すぎる
                     あの喜びの日々にもどりたい
                     もう一度歌いたい

                    先日のCross Streetで初めて披露しました。

                    初めてなので
                    次回はもっとこなれているかと思います。


                    今年の6月から活動を始めました、Carillon de Ventですが、初めてすぐにもかかわらず、たくさん演奏の場を提供していただきましたこと、心より感謝します
                    各会場のスタッフの皆様、ありがとうございました。
                    来年もどうぞよろしくお願いいたします。

                    また、気にしてくださってブログに遊びに来てくださっている皆様、
                    ライブ会場にいらしてくださったみなさま、
                    YouTubeをご覧いただいた皆様、
                    支え、応援してくださっている方々に深くお礼を申し上げます。

                    来年もさらに良い活動ができるように、頑張りたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

                    来る2013年が皆様にとって、素晴らしい年となりますように

                    JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳
                     

                    Mas Que Nada

                    0
                      12月になりましたね。
                      本格的に寒くなってまいりましたが、皆様お元気でいらっしゃいますか?
                      ウィルスには気を付けてくださいね。

                      さて、もう2週間もすると、Carillon de Ventは今年最後のライブになる?であろう、横浜 伊勢佐木町 Cross Streetでのライブです
                      前回のライブからちょっと間が空いてしまったので、また新たな気持ちで臨みたいと思っています。

                      そして、今日の楽曲解説は"Mas Que Nada"
                      1963年のジョルジュ・ベンという方の作品で、その後セルジオ・メンデス&ブラジル'66で大ヒットした曲です。
                      ノリがよくて、何も考えずに踊っちゃいますね。

                      タイトルの「Mas Que Nada」なんですが、ポルトガル語の文字通りでは「でも、何もない」ってことらしいですか、スラングで誘う時の「さあ、どうだい」というのと、「冗談じゃない、やなこった」みたいな意味みたいです。
                      スペイン語の「mais que nada」は「何よりも」という意味らしく、転じてか混同してか「最高」と訳されているものも多いですが、それはちょっと違うんじゃないかなと思ってこう訳してみました。
                      ちなみに"O aria aio oba oba oba"は特に意味がないといわれているそうですが、アフリカの祈りの言葉では「愛の神よ 我が家へようこそ」という意味だそうです。

                      Mas Que Nada - 日本語訳(by Rosa of Carillion de Vent)

                       おいおい、なんだよ
                       ちょっとどいてくれ
                       通りたいんだよ
                       サンバは楽しいから
                       踊りたいんだよサンバを
                       
                       このサンバはマラカトゥの踊りと混ぜてるんだぜぇ
                       古い黒人のサンバ
                       黒人のサンバだぜぇ

                       こんなサンバ かっこいいだろぅ?
                       あんたも俺が踊りに間に合ってほしいと思うだろう?
                       

                      ちょっとスギちゃん風("ワイルド"はあえて使いませんでしたが)になっちゃった
                      この曲も夏くらいから練習し始めて、先日の横濱ジャズプロムナードでも披露いたしました。
                      YouTubeにもupしたかったのですが、なにせ酔っぱらいさんが、oba oba oba♪と歌う度に「おばあじゃね!」とかお声掛けくださるもので
                      12月15日のCross Streetでもやりたいと思っております。
                      ぜひおいでください

                      追記:Cross Streetでやりました♪
                      JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM